読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MWAVEのずらずららblog

女優やグラビア系などのアイドルが好きな、半端に映画好きです。カメラとかも好きだったり。基本ものぐさです

2010年、今年見た日本映画ベスト

作品ベストテン

  1. 告白
  2. ヒーローショー
  3. パーマネント野ばら
  4. ソフトボーイ
  5. 海炭市叙景
  6. 私の優しくない先輩
  7. ヘヴンズ ストーリー
  8. 十三人の刺客
  9. 悪人
  10. 川の底からこんにちは

今年の邦画は好きなのが沢山でなかなか選びがたかったのですが、やっぱり一番は『告白』かなと。中だるみする部分もあるし、イメージビデオと言われようとあの映像は好きだ。

監督

  1. 瀬々敬久(ヘヴンズ ストーリー)

4時間以上の、しかもああいう内容の映画を作ろうとして、かつ成功させたのは凄い。凄い監督さんというのは存じ上げているのですが、実は今まで『フライング☆ラビッツ』しか見たことがなかったんです。

主演男優

  1. 長谷川朝晴(ヘヴンズ ストーリー)

小市民のくせに、幸せにも悪者にもなりきれない弱さが印象的でした。

主演女優

  1. 松たか子(告白)
  2. 菅野美穂(パーマネント野ばら)

2人とも凄くて選びきれない。

助演男優

  1. 稲垣吾郎十三人の刺客

稲垣さんしかいないだろうと。

助演女優

  1. 樹木希林(悪人)
  2. 小池栄子(パーマネント野ばら)
  3. 徳永えり春との旅

樹木さんは凄かった。

新人

  1. 橋本愛(告白)
  2. ジャルジャル(ヒーローショー)

“新人”なんですから、キャリアができるだけ少ない人を選ぶべき。となったら橋本愛さんかなと。まだまだ“上手い!”って訳じゃないけど、『告白』にあのビジュアルで果たした役割は大きいと思う。ジャルジャルは良い役者になると思う。

作品ワースト

  1. 君が踊る、夏

映画を町おこしや観光の販促ネタとしか思ってないんだろうか。キャスティングは悪くないのに。