読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MWAVEのずらずららblog

女優やグラビア系などのアイドルが好きな、半端に映画好きです。カメラとかも好きだったり。基本ものぐさです

吉高由里子 & 伊藤歩 & 朝倉あき @映画『横道世之介』

MOVIE アイドル

映画『横道世之介』を見ました。吉高由里子さんと伊藤歩さんと朝倉あきさんカワイイ!

注意!以下はネタバレあり

事前に予告編とか広告とかで見ていた印象で、“天然な主人公・横道世之介を取り巻くホッコリゆるふわムービー”かと思っていました。が、そうではなかったですね。あくまで普通の人・横道世之介の普通の、でもキラキラした1年間が描かれてました。それが良かったです。あの予告編は、仕方ないのかもですが、ちょっと違うよな。世之介の未来については、吉高さんがインタビューで普通に喋っていたりするので、まぁ自明なのかなとも思いますが、それでも明確に描かれた瞬間には「えっ!」って驚きました。そこからの映画が楽しくて哀しい。でも、基本的にはずっと幸せでずっと楽しいんですよね。過去から見た思い出ってそんなものなのかも知れないですが、だからこそもう得られない幸せな過去というか。長尺だったりゆるふわムービーが苦手だったりで敬遠している方もいるかもですが、是非見て欲しいです。

吉高さんは、基本的には“世間が思い浮かぶ天然小悪魔女優・吉高由里子”をそのままなぞっているんじゃないかという印象、いや別に吉高さん演じる祥子は天然ではないのですが。とはいえ吉高さんが登場してケラケラ笑うだけで映画がパッと明るくなって、そのへんはさすが吉高さんだなと。さらに、たまに見せるギラッとした表情とか、現在パートでの装いの違いとかを見ると、吉高さんの奥深さというか、当然ながらただ明るいだけの人じゃないことが再確認できます。女性陣は他に伊藤歩さんと朝倉あきさん、黒川芽以さんや佐津川愛美さんもちょっとだけ出ています。黒川さんは登場したときは「あれ、その他大勢の1人?そんな訳ないか」と思っていたらやはりそんな訳なかったです。いや、2時間ドラマでキャストから犯人を当てるようなことをしてはいけないか。伊藤歩さん演じる千春にとって、世之介はどんな存在だったのかなぁ。


『横道世之介』予告編

黒川芽以さんのビキニ姿とか、吉高さんの水で透けた姿にちょっとドキドキしたのは内緒です。